Malaria No More Japan(マラリア・ノーモア・ジャパン)

マラリアについて知る

menu

>

7.

マラリアは予防・治療が可能な疾患です

マラリアで失っている命は、我々の手で救える命です

  • マラリアは予防・治療が可能な疾患です
  • マラリアは予防・治療が可能な疾患です

「この命は、我々の手で救える命です。」

深刻な症状をヒト・社会へもたらすマラリアですが、予防・治療が可能な疾患です。
つまり、予防には、蚊帳の使用、殺虫剤散布が有効で、国連、その他の国際機関、企業、そして途上国政府の働きかけで蚊帳が無償、あるいは安価有償配布されたおかげで、マラリアによる死亡者数はこの10年間で半減しました。2013年には感染リスクのある人口の約半数が家庭で殺虫剤処理蚊帳を利用できるようになっており、この割合は2004年にはわずか3%でした。また、簡易診断テストキットと混合治療薬が開発されており、適切な診断と早期治療が施されさえすれば、現在の技術でも十分に治療することが可能です。非常に期待の持てる兆候として、2013年、アフリカで公的保健機関により提供された診断検査数が、混合治療薬の提供数を超えました。治療を必要とする人は診断検査を受けた人の半分以下であることを考えると、診断検査を受ける人と混合治療薬を受ける人の割合はいずれ2対1に達するとみられています。さらに、現在、認可されたワクチンはありませんが、有効、且つ、有望なワクチンや、抵抗性の発達した原虫にも有効な新薬の開発がすすめられており、今後も継続的な研究、それら技術、道具(ツール)の普及が期待されています。

pagetop