法人によるご寄付

法人税の算定において、認定NPO法人等に対する法人の皆さまからのご寄付は、
特定公益増進法人に対する寄付金と同様に取り扱われ、一般の寄付金に係る損金算入限度額とは別枠で損金算入できます。
この損金部分に関しては、法人税が課税されません。詳しくは、最寄りの税務署におたずねください。

(参考)
①一般の寄付金の損金算入限度額
{(資本金等の額×当期の月数/12×2.5/1000)+(所得の金額×2.5/100)}×0.25
②特別損金算入限度額
{(資本金等の額×当期の月数/12×3.75/1000)+(所得の金額×6.25/100)}×0.5
③認定NPO法人(もしくは特定公益増進法人等)に対する寄付金の合計額
上記 ① に加え、② 若しくは ③ のいずれか少ない金額の合計金額を損金算入することが可能です。

損金算入できるのは、その年にその法人が寄付をした総額となります。一事業年度内に複数の認定NPO(もしくは特定公益増進法人等)に寄付をした場合、上記の限度額を上限として、それらをすべて計算することとなります。


損金算入するための手続き
寄付金領収日を含む事業年度の税務申告書提出の際に、申告書に必要事項を記入し、MNMJの発行する「領収証」を添付してください。

注1) 「領収証」はご寄付いただく都度送付します。再発行はできませんので、申告手続きまで大切に保管してください。