個人によるご寄付

≪個人所得税の寄付金控除について≫
個人が、各年において支出した認定NPO法人に対する特定寄付金で、その年に支払った特定寄付金の合計額が2,000円を超える場合には、確定申告をすることで、寄付金特別控除(税額控除)または寄付金控除(所得控除)のどちらかメリットが大きい方を選択できます。
1.寄付金特別控除(税額控除)
(その年に支払った特定寄付金の合計額 - 2000円)× 40%=所得税の税額控除額 が所得税から控除されます。
*ただし、対象寄付金額は、総所得金額等の40%が上限(税額控除額は、所得税額の25%が上限)
2.寄付金控除(所得控除)
その年に支払った特定寄付金の合計額 – 2000円=寄付金控除額 が所得から控除されます。
*ただし、対象寄付金額は、所得金額の40%が上限

【モデルケース:所得別の控除税額:10,000円のご寄付の場合】

課税所得 税額控除 所得控除
300万 (10,000-2,000)× 40% = 3,200円控除 税率10%
(10,000-2,000)× 10% = 800円控除
2000万 (10,000-2,000)× 40% = 3,200円控除 税率40%
(10,000-2,000)× 40% = 3,200円控除

※ 控除額は2013年改正の2015年以降適用の税制によります。


≪個人住民税(地方税)の寄付金控除について≫
お住まいの地方自治体の条例によって個人住民税が税額控除の対象となる場合があります。お住まいの地域によってその控除の有無、控除額は異なりますので、住所地の自治体の税務担当部署にお問合せください。(MNMJの場合、事務所所在地は東京都千代田区です。東京都在住の方がMNMJに寄付した場合、都民税は控除されます。千代田区に在住の方の千代田区民税は控除の対象外です。)
控除を受けるための手続き
所轄税務署へ確定申告(通常、ご寄付をした翌年の2月16日〜3月15日)を行ってください。
確定申告書提出の際に、MNMJが発行した「領収証」(前年分の合計額を一括してお送りします)を添付してください。
  1. 注1) 必ず確定申告が必要になります。年末調整等では控除できません。
  2. 注2) 正会員の会費は、寄付金控除の対象にはなりません(正会員によるご寄付は対象となります)。
  3. 注3) 「領収証」は1月下旬ごろ送付します。再発行はできませんので、申告手続きまで大切に保管してください。(ただし、オンライン寄付でのご寄付の場合、MNMJに着金するまで最大2か月の差があり、翌々年送付の領収証に含むことがあります。何卒、ご了承ください。)
  4. 注4) 地方税の控除に関する手続きや控除の仕組みの詳細については、各地方自治体にお問い合わせください。